慣れ親しんだ場所で取る、通学形式

地元にある教習所で免許を取る

車の免許の取得方法として代表的なのが、地元の自動車教習所に通学するタイプであり、数多くのメリットがあります。
地元の自動車教習所は、普段から見慣れている道路を第二段階の技能教習で走るので、教習生が自分でルートを考える経路走行は、不安を感じる事無く臨めます。地元の教習所に通うメリットは、忙しい社会人であってもスケジュールの合間に教習を入れられる点であり、夜の1時間であっても技能を受けられます。ゆっくりとしたペースでは、教習は2ヶ月や3ヶ月の長期になりますが、間隔が開いてしまうと運転技能が下がる事で、途中でモチベーションが下がってしまう事があります。そのような場合は、すぐに教官に聞いて不得意分野を解消しておく事をおすすめします。

自分向けのプランやオプションを使いましょう

通学タイプの教習所は、最短コース・一般コース・ゆったりコースといった区分に分かれています。最短コースで入所した場合は、他のコースよりも料金は高くなるものの、多くの技能教習が予約出来るので、忙しい方におすすめのコースです。学生の場合は、なるべくお得に通いたいと思う方がいると思いますが、その時は多くの教習所で実施している、若者向けキャンペーンを活用するのが良く、それを使っておけば通常コースよりも1~2万円程度割安になる事があります。
技能教習が不安な方は、各自動車教習所が提供しているオプションを利用するのが最適であり、追加料金を事前に払っておけば、ほとんどのケースで、技能教習を何度オーバーしても余計な料金を支払う必要がありません。このオプションは、1万円台~5万円程度の追加料金はかかりますが、卒業まで安心して技能教習にチャレンジ出来ます。